初めての風俗系エステの利用前に知っておきたいこと

読めば安心?初めての風俗系エステガイド

システムと施術の内容

エステと聞くと、女性が美容目的に行く場所。
または最近、男性でも行く方が増えてきたようですが、やはり痩身や、脱毛に行くというイメージがあるのではないでしょうか。

一方で、風俗と言えば、女性が裸になったり、お触りなどもハードな印象かもしれません。

では風俗系エステとは、どのようなものなのでしょうか。
調べてみると、マッサージなどのエステの要素も取り入れながら、セラピストの女性はセクシーな服装だったりと、二つの要素を併せ持つサービスのようです。
マッサージは性器周辺までしますが、それ以上のハードなプレイは、店やセラピストの個性によっても違うようです。
ですが基本的には、セラピストが裸になってくれるのはオプションであることが多かったり、射精も出来たり出来なかったりと、ヘルスなどよりはソフトなサービスです。

風俗としては、ソープやヘルスほど認知度が高くない印象の、風俗系エステ。
ここまで読むと、サービスは割合ソフトみたいだし、メリットはどこにあるのだろうと思われるかもしれません。
さらに、エステと風俗の要素を一度に両方体験するなんて、満足できるのでしょうか。
どっちつかずになってしまうのではないか、と心配になったりもあるでしょう。

かと思えば、検索で体験談をのぞいてみれば、満足度の高い感想も少なくないようです。
初めての風俗系エステに行く前に、これを読んで少しばかり前知識を身に着けて、楽しんでいただけましたら幸いです。

風俗系エステはどんなところか

風俗系エステはシステム的には、店舗型、派遣型、受付型の三種類に分かれます。 施術はオイルなどでマッサージをしますが、中には4TBと呼ばれる、男性客が四つん這いになった股の間から腕をいれて行うマッサージなど、個性の強いものもあります。 鼠径部のマッサージも、気持ち良いそうです。

サービスに個性がある

基本的には男性客が勃起したら、ハンドフィニッシュ、いわゆる手コキで射精します。 風俗系でも、ソープやヘルスよりソフトなサービスです。 一方で、男性客はベッドに横になったまま能動的に動かず、サービスをされるがままになるので、M男性が多いのでは?という説もあります。

風俗系エステガイド

風俗系全般に共通して、行く前に知っておきたいことにもふれました。 エチケットとして清潔感に気を配りたいものです。 会計の時にも、油断は禁物です。 そしてこれまでを振り返り、補足も加えながら、初めての風俗系エステに知っておきたいことを、まとめました。