テレビアンテナ交換を依頼する業者の選び方

テレビアンテナの交換

テレビアンテナは、常に外にあるので、経年劣化してしまいます。設置から10年ほど時間が経つと交換時期と言われていますが、業者に任せる場合が多いでしょう。アンテナ工事を依頼する業者はたくさんあるので、優良な会社を選ぶ時のポイントを紹介していきます。

アンテナ工事業者選びのポイントランキング

no.1

充実した保証内容があるか

工事の腕や仕上がり、使用しているアンテナに対して自信がある場合は、保証期間が長いはずです。保証期間が短い業者は、工事を適当に行っている可能性があります。また、不備などがあった場合に、手厚い保証をしている業者なら再び工事のやり直しに来てくれるでしょう。

no.2

しっかりとした連絡先があるか

連絡先が、固定電話ではなく携帯番号のみの場合は、個人営業である可能性が高いです。万が一トラブルが起こった時に、連絡が取れなくなってしまうことがあるので、気を付けましょう。なるべく固定電話がある業者を利用しましょう。

no.3

測定器を持っているか

電波の強さを測る測定器がありますが、アンテナ工事を行っている業者の中には、測定器すら持たずに来る人達もいます。そういった業者は、初めからアンテナを交換する気満々で、交換しないで済む場合を考えていません。また、工事後の電波の状態を確認しない可能性もあるので気を付けましょう。

no.4

見積もりを出してくれるか

優良な業者は、見積もりで提示した料金以上のお金は取らないようにします。そのような業者は、工事後に顧客を不快な気持ちにさせないよう考えている会社であるということになります。見積もりを出してもらわないとトラブルの元になるので気を付けましょう。

no.5

広告にしっかり記載されているか

工事料金が激安とうたっている広告は、よく確認する必要があります。既存のアンテナがある場合のみなど目立たない場所に条件が書かれていることがあるからです。その場合だと、新築の建物では金額が変わるという意味になるので、注意が必要です。

テレビアンテナ交換を依頼する業者の選び方

アンテナ設置

テレビの映りが悪くなる原因

段々とテレビの映りが悪くなっている場合は、テレビアンテナの劣化や接続がうまくいっていない可能性が高いです。どちらにせよテレビアンテナの状態を確認しなければいけません。しかし、テレビアンテナは基本的に高い位置に取り付けられているので、自分で確認するのはとても危険です。アンテナの確認は業者に任せた方が安全でしょう。

技術が必要

テレビアンテナの交換や修理には専門的な知識や技術が必要になります。電波に関する知識がある場合は、上手くいくかもしれません。しかし、そういったことが全然わからない方は交換ができたとしても、ちゃんとテレビが映る可能性はとても低いでしょう。

基本的に作業は2人で行う

アンテナの交換は、基本的に2人で行います。1人で交換することもできなくはないですが、とても難しい上に効率が悪くなります。安全確認のためにも2人は必要でしょう。

自分で行うと屋根を壊してしまう危険性がある

屋根の構造を知っていないと、体重をかけてはいけない場所に平気で乗ってしまいます。そうすると、一瞬で屋根は壊れてしまいます。破損が原因で雨漏りなどが起きてしまうと、屋根の修理代がかかってしまいます。一般的にアンテナ交換の費用より屋根修理の値段の方が高いです。

テレビアンテナを業者に依頼した方の口コミ

とてもスピーディーだった 30代女性

数時間かかるだろうと予想していたアンテナ交換が、作業員の方の慣れた手つきのおかげでとても早く終わりました。また、対応も丁寧で好印象でした。また機会があれば利用したいと思いました。

分からないことを丁寧に説明してくれた 40代男性

家のテレビが台風以降うつりにくくなっていたので、アンテナ交換を依頼しました。疑問に思ったことを聞いたら、嫌な顔一つせず丁寧に答えてくれました。

広告募集中