株式会社キーマンが行っている工事内容を知ろう

求められる耐震性

日本は世界でトップクラスの地震国です。毎日のように地震が起きていますが、東日本大震災以来、特に建物の耐震性について考えられるようになりました。そこで需要が増えたのが、耐震工事です。ここからは、耐震工事が行われている施設について紹介していきます。

耐震工事が行われている建物

学校

日本には多くの学校がありますが、中には老朽化が進んでいるところもあります。建て替えをするのには、莫大な費用がかかるので、耐震工事を行う学校が多いです。子どもたちの安全を守るために必要な工事といえるでしょう。

商業施設

ショッピングモールなどの商業施設は、不特定多数の人が出入りします。最近作られた施設は高い耐震性能を持っていますが、昔からある商業施設は少し不安が残ります。高い耐震性能を獲得するために、工事を行う施設が多いです。

集合住宅

昭和に建設ラッシュがあった集合住宅は、老朽化の進んでいるところが多いです。家にいる時間はとても長いので、いつ地震があっても、被害が出てしまいます。そのため、耐震工事を行う自治体が多いです。

株式会社キーマンが行っている工事内容を知ろう

作業員

耐震診断をしてみよう

建物の耐震性能を計測する耐震診断は、多くの施設で行われています。調査方法は、ヒビや亀裂の数を確認し、壁のコンクリートの一部を採取して劣化具合などをチェックします。株式会社キーマンは、このような耐震診断を行っているのです。耐震診断を行ってみたい方は利用してみましょう。

耐震診断から工事までの流れ

株式会社キーマンで行われている耐震診断の流れを紹介していきます。初めに予備調査を行います。予備調査は、建物の築年数や設計図など事前に手に入れられる情報と、現地で調査した内容をまとめて、ある程度の耐震性能を確認します。その後、会社と話し合って耐震補強を行うか決めて行きます。

工事の着工

耐震工事をすることが決まったら、耐震補強設計を立てます。工事の方法やどれだけ耐震性能が上がるかなどを確認していきます。そして、耐震工事を行います。耐震工事には、補助金制度があるので、予定していた費用より安く収まることもあります。

耐震工事を依頼する会社の選び方

耐震工事を行う際は、できるだけ設計から施工まで一貫して行っている会社を利用した方がいいでしょう。耐震に関するノウハウを持った業者が設計から工事まで行ってくれるので、安心して依頼することができます。もし工事を下請けに回してしまうと、耐震性の技術があまりない会社が施工する可能性もあるので、避けた方がいいでしょう。

耐震工事を行った方の感想

所有しているアパートの耐震補強をお願いしました

自分が持っているアパートは、とても古いので耐震性能が心配でした。なので、試しに耐震診断をしてみると、大きな地震には耐えられないと診断されてしまいました。住んでいる方も多いので、思い切って耐震工事を依頼しました。また、国からの補助金のおかげでお得にできました。耐震工事をするなら今がおすすめです。

広告募集中